銀の鈴社 - 野の花画家・阿見みどり

野の花画家

阿見 みどり(本名・柴崎俊子)

野の花画家。1937年、長野県飯田生まれ。

学齢期は東京自由が丘から疎開し、有明海の海辺の村や、茨城県霞ヶ浦湖畔の阿見町で過ごす。都立白鴎高校を経て、東京女子大学国語科卒業。
卒業論文は「万葉集の植物考」。日本画家の長谷川朝風(院展特侍)に師事。万葉学者の父(故・山口正 解釈学会創設者)のもと、幼少の頃より万葉集に親しむ。
本の装丁、挿絵のほかに絵本の文章なども手掛ける。

2001年より、毎年各地で個展を開催。晩秋には鎌倉でも開催。「阿見みどりと行く野の花ツアー」(国内・海外それぞれ年1回のツアー)にて、参加者の方と共に野の花スケッチを楽しんでいる。

現在、神奈川県鎌倉市在住。毎夏、鶴岡八幡宮の「ぼんぼりまつり」へ奉納。
(社)日本児童文学者協会、(社)日本児童文芸家協会、日本花の会、各会員。

【著書など】

画集・・・『万葉野の花 水彩画集』I〜VII(銀の鈴社)
『さらりと描くやさしい花のスケッチ帳』(日貿出版社)

絵本・・・『ヤギのいる学校 つながるいのちの輪』(共著、銀の鈴社)

童話・・・伊沢やすと画『コアラのぼうやジョニー』(教育出版センター)、わたなべあきお画『こねこのタケシ』(銀の鈴社)、寺田繁画『なんきょくの犬ゾリ』(メイト)

装画・・・藤井則行詩集『春だから』、三越左千夫詩集『せかいでいちばん大きなかがみ』、柏原耿子詩集『アハハ・ウフフ・オホホ』、山内弘子詩集『花の旅人』、宮田滋子詩集『愛一輪』、松井節子詩集『風が遊びにきている』(共に銀の鈴社)ほか。

  • 阿見みどり水彩画展、スケッチ教室、野の花ツアー(国内海外)をご案内しています。

野の花アート

野の花々に彩られたアート・グッズの数々。銀の鈴社オリジナル「野の花アート」のミュージアム・グッズは、全国の美術館、生け花展会場などでも、ご好評いただいております。美術館・記念館・自然館などのミュージアムショップ様向けに、お名入れ(美術館名やロゴ、イベント名など)製品の企画・制作、また「野の花アート」グッズコーナー設置のお手伝いもさせていただいております。

西 真里子

花とガラスをテーマに、明るく華やかに透明感と光を美しく描きました。

西 真里子(にし まりこ):北海道・旭川生まれ。一水会会友。一水会展、女流画家協会展などに出展。個展多数。本の装画・挿絵なども手掛ける。

西 真里子 ホームページ

辻輝子 (新シリーズ)

このサイトに掲載されている全ての文章・画像の無断転載をお断りいたします。
Copyright © Gin-no-Suzu Co.,Ltd. All rights reserved. Thank you.

Page Top