skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

年末年始休業のお知らせ

2008年12月27日(土)より2009年1月4日(日)まで、休業させていただきます。
12月25日~26日にご注文の商品は、年明け1月5日以降に出荷させていただきます。
(書籍の取次会社搬入も含む)
どうぞよろしくお願いいたします。

作品募集のご案内

今年も『子どものための少年詩集2009』への作品を募集いたします。

「少年詩のより一層の普及と質的向上をめざし、子どもにもわかる言葉で書かれた文学性の高い詩作品を発表する」という会の趣旨にご賛同いただき、会則と投稿規定をご参照の上、多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。


*『子どものための少年詩集』について

 1984年創刊の年刊アンソロジー。毎年、全国学校図書館協議会、学校図書館クラブ、日本子どもの本研究会等々の選定を受け、全国の公共図書館、小・中・高校の学校図書館へ納本されています。

 本書より、各社の教科書、副読本、入試問題等へ採用されることも多く、作品が次のステップへ飛躍する登竜門にもなっております。


ご案内や応募書類をご希望の方は 「銀の鈴社内 子どものための少年詩集委員会宛」までご連絡ください。ご連絡先については下記のいずれかにてお願いいたします。

電話番号:03-5524-5606(平日のAM9:00~PM6:00)

FAX:03-5524-5607(24時間対応)

メールアドレス:info@ginsuzu.com(24時間対応)

『こどものための少年詩集2008』のお知らせ

全国各地で活躍する詩人たちから、今年も多くの優れた作品が寄せられました。編集委員会の厳選な選考により最優秀賞受賞作品が決定いたしましたので、ご報告いたします。
今回、『こどものための少年詩集2008』の最優秀作品賞には
「挽きうす」(藤井かなめ)
が選ばれました。おめでとうございます。尚、最優秀作品賞受賞者には、銀の鈴社より表彰状と記念品を贈呈させていただきます。
『こどものための少年詩集』(1984年創刊『現代少年詩集』を改題)は、全国各地で少年詩を創作している詩人たちの応募の中から「子どもにもわかる言葉で書かれた文学性の高い詩作品」を選定発表している年刊アンソロジーです。

Back To Top