skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

電子書籍を期間限定で無料開放いたします

いつもご支援を賜りましてありがとうございます。
 
本日、銀の鈴社の電子書籍から約500点を、期間限定で無料開放いたします。
閲覧は、0円で購入後31日間可能です。
無料開放の受付は、3/9より4/10までです。
 
谷川俊太郎さん、内田麟太郎さんはじめ、多くの著者のみなさんのご協力のおかげです。
 
システム構築等は、電子書籍サイト、コンテン堂を運営するアイプレスジャパン様のご協力をいただきました。
 
銀の鈴社のホームページの右上、電子ブックストア内でご提供しております。
閲覧には、コンテン堂の会員登録(無料)が必要になります。
 
銀の鈴社直営電子書店:銀の鈴社 電子ブックストア
https://contendo.jp/store/ginsuzu/
 
日本国内はもとより、海外で生活している方々にも、
銀の鈴社の電子書籍で、本の世界を楽しんでいただきますよう。
そして、心の杖となるような言葉との出会いがありますようにと、一同願っております。
 
令和2年(2020年) 3月9日
 
銀の鈴社 代表取締役 西野真由美

新刊『変身ミーちゃんとおともだち〜こねこの物語〜』

『変身ミーちゃんとおともだち〜こねこの物語〜』

著者・画家:江口 みつおき 英訳:江口 信男 ISBN:978-4-86618-088-5 C8793

 

大災害で急遽、引越しを余儀なくされた老夫婦と、かわいいこねこの物語。

バイリンガル絵本。本書の英訳は長年の海外勤務をいかした著者の実弟、江口信男。

江口みつおきのこねこの物語シリーズ、4冊目!

佐助庵の冬の顔

苔の上に 冬桜の花びらが散り敷かれて 侘の風情で落ち着きます。満開の冬桜と梅の花蜜に 千客万来の小鳥たち

1月末の佐助庵

緋寒桜

寒空に緋寒桜、紅梅、サザンカ

が咲いてます。

メジロやしじゅうからたちが元気

に、飛び交って。

新刊『なまこのぽんぽん』

『なまこのぽんぽん』

著者:内田 麟太郎 画家:大野 八生 ISBN:978-4-86618-074-8 C8092

 

調子にのってることば

このゴロあわせ

思わず声に出しちゃいます

声に出して読んで

ひとり 笑っちゃいます

ひとり はっとしちゃいます

わたしのまわりの真実

空・雲・雨・風・森・海・川・ツバメ・カラス

クラゲ・カメ・タンポポ・スイセン・ねずみ・こねこ・・・・・

新刊『さくらはおよぐ?』

『さくらはおよぐ?』

著者:丸田 かね子
画家:牧野 鈴子

 

赤白まだらで大きな尾びれのリュウキン。
子どもたちは『さくら』と名前をつけました。
ある日、思いがけないできごとが・・・。
『さくら』の大きかった尾びれが、なぜか小さくなって泳げなくなっていたのです。
「尾びれ、また、のびる?」
「さくら、また、およげる?」
子どもたちは、心配でなりません。

オールカラーの絵ものがたり。読み聞かせにもぴったり。

Back To Top