skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

『負げねっちゃ』の旅立ち◯西野真由美

手のひらサイズの小さな句集『負げねっちゃ』
大震災五七五の句集というサブタイトルのように、想いを五七五にして、いつもの言葉で吐き出した句集。
方言で詠まれた句たちは、読むものに明日へ向かう勇気をくれる句集でもあります。
宮城県名取市の方言を語り残そう会の方々が、避難所の方々とともにつくったこの句集には、苦難の日々と、そこから立ち上がろうとする人々の気概がぎっしりと詰まっています。
今まで、絵本や詩集、童話などの自社の本や、みなさまからお届けいただいた手づくりバッグなどを、被災地へお贈りしてきました。
クレヨンハウスの落合恵子さんのHUG & READへも、銀の鈴社の本たちをお贈りしました。
クレヨンハウスさんとは、かつてCBLの会で長くご一緒に活動した版元同士でもあります。
そのHUG & READも、活動を終了しました。
http://hugread.blogspot.jp/p/blog-page_14.html?m=1
被災地の書店の復興を阻害しないだろうか、というご指摘は看過できません。
『負げねっちゃ』は、印刷製本を被災地でつくった句集です。
長年お世話になっている印刷所さんではなく、被災地でつくっていただくことが被災地の産業支援の一歩になると始めました。
小さな銀の鈴社がはじめた小さな一歩。
その『負げねっちゃ』、今日までに以下の各紙でご紹介いただいています。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、東京新聞、神奈川新聞、図書新聞、新文化通信、鎌倉朝日新聞、タウンニュース、鎌倉ケーブルテレビなど。(順不同)
銀の鈴ギャラリーでの展示会は今月末まで。
展示された句に見入りながら嗚咽する方や、三日間連続で来られた方など。
三日間連続で来られた方は、リュックを背負った初老の男性。
初日に買ったご自分用の本を見た友人から頼まれたと、二日目。
三日目は、違う友人を伴ってまたご購入くださいました。
句の展示は今月末までですが、本は奥のミニライブラリーでいつでもご購入いただけます。(水曜定休)
西野真由美

武田元治先生とのお別れ◯西野真由美

解釈学会の名誉会長、大妻女子大学名誉教授の武田元治先生がお亡くなりになりました。
いつも柔らかな笑顔でお導きくださった武田元治先生は、柩の中でもそのままの穏やかなお顔でした。
にこやかに微笑みながら煙草をくゆらせ、背筋をピンと伸ばして、英國屋のスーツをシャッキリ着こなしていらした元治先生でした。
子どもの頃に聞いた元治先生の落語。
どんなお話だったのかは定かではありませんが、旅館の大広間の舞台で、お座布団にまっすぐ座られた元治先生のお姿が、普段とのギャップがありすぎたのか、何故か思い出されます。
あの頃は、地方での解釈学会の夏の全国大会が、唯一の家族旅行でした。
研究発表の長い時間を、どうやってやり過ごしたのか、流石に記憶にありませんが、旅館やお寺に泊まったことなどは、断片的に覚えています。
元治先生の落語姿も、そんな一場面。
桜散る春の日のお別れは、先生が研究されておられた西行さんの歌を思わせてくれました。
かつて身を引きたいと申し出た時に、お身内としてぜひとも残っていただきたいと元治先生にいわれ、退くことを留まったこと。
この3月上旬にいただいたお葉書にも、これからも解釈学会を支えてくださいとありました。
まるでご遺言のように思えます。
『100人で鑑賞する百人一首』。
元治先生にその復刊を見届けていただけたことだけが、今となっては私の救いです。
とても喜んでおられたと息子さんから伺い、最後のご挨拶では、解釈学会のことを話す時の父は、いつも楽しそうでした、とも仰っていただきました。
息子さんのご挨拶のように、あちらにいかれた元治先生は、藤原俊成さんにあれこれお尋ねなさっておられるかもしれません。
大好きな元治先生、さようなら。
そして、どうもありがとうございました。
西野真由美

電子化と音訳◯西野真由美

先日、全国音訳ボランティアネットワーク代表の藤田さんが、伊藤忠財団の矢部さんといらっしゃいました。
藤田さんは、丸田かねこさんの絵本『はこちゃんのおひなさま』のご縁。
その丸田さんから、藤田さんのブログに、銀の鈴社訪問のことがありますとお教えいただきました。
全国音訳ボランティアネットワークの藤田さんのブログです。
http://onyaku.net/fujita-2012.html
教科書以外にもたくさんある豊かな本の世界を、視覚障害のある子どもたちに届けたい。
藤田さんと矢部さんのお話に、真摯な姿勢に心響いたひとときでした。
思えば、電子化を進めようと決めた大きな要因も、視覚障害の方々への道がありました。
弱視の方でも、電子書籍ならば文字サイズを大きくして、本の世界を楽しめる。
担当のユニシスの内海さんに、そうお教えいただき、必要性を痛感したのでした。
西野真由美

『平和をねがう原爆の図  ー丸木位里・俊夫妻ー』◯西野真由美

楠木しげお著・くまがいまちこ絵『平和をねがう原爆の図 ー丸木位里・俊夫妻ー』のご紹介です。
原爆や戦争の絵を四十年以上描き続けてきた丸木夫妻。
それはひたすら戦争のない、原水爆の使われない平和な世界をねがっての活動でした。
代表作の「原爆の図」などは、アメリカを含めた世界各国から招聘され、原爆の脅威、戦争の愚かしさを人々に訴えてきました。
丸木夫妻による共同制作の作品は、原水爆やアウシュビッツ、沖縄戦や南京大虐殺、そして水俣病や足尾鉱毒など、社会への強いメッセージを発信しています。
丸木夫妻は、絵による平和運動家だったのです。
著者の楠木しげおさんは、『旅の人 芭蕉ものがたり』でサンケイ児童出版文化賞を受賞された方で、サトウハチロー門下生の詩人、歌人でもあります。
東日本大震災の地震と津波、そして原発事故。
たとえ平和利用であっても、原子力を使うことには断固反対だった丸木夫妻の声に、もっと人々が耳を傾けていたならば、せめて原発事故は防げたはず。
あとがきでは、いつも静かな楠木さんの熱情が、ヒリヒリと伝わってきます。
丸木夫妻がねがった平和な世界、その心をしっかりと受け継ぐために刊行した本書です。
未来を担う子どもたちに、そして今、新たな一歩踏み出すことができるはずの大人たちへ。
読みやすくまとめられた本書を通して、丸木夫妻の心を、平和へのねがいを、受け止めていただきたいと思います。
巻頭の口絵では、「原爆の図」のいくつかや夫妻の写真も収載しています。
また出版にあたっては、原爆の図丸木美術館の学芸員、岡村幸宣さんとご遺族に、ご協力を賜りました。
改めて御礼申しあげます。
本屋さんでもご注文いただけますが、丸木美術館でもお求めいただけます。
西野真由美

テレビ神奈川の<にほんごであいらぶゆう>○西野真由美

昨日、下記の4回目の放送が終わりました。
制作ご担当の方から、ユーチューブアドレスをお教えいただきましたので、ご案内させていただきます。
最終回では、基本的に自分のことを話すようなのですが、そう言われた途端に慌ててしまいました。
他の3回と違って どんなお話をしたのか、記憶がほとんど残っていなかったのです。
昨日、テレビに向かいながら、ああそうだったと改めて記憶を取り戻した次第です。
1回目から4回目までのすべてのアドレスを、下記にリンクしております。
テレビ神奈川(TVK)の3月の毎週水曜日、朝9時から10分ほどの番組に出演しました。
イイコト! という番組中の「にほんごであいらぶゆう」のコーナー。
3月の4回のみです。(3/7・3/14・3/21・3/28)
先日、4回分の収録がありました。
それぞれ下記のユーチューブでご覧いただけます。
1回目3/7(水)・ポエムについて・・・授業等でご活用いただければ嬉しいです
http://www.youtube.com/watch?v=3UGDhWKv85o
2回目3/14(水)・絵本について・・・近代絵本のルーツほか
http://youtu.be/asuKe1XVLEE
3回目3/24(水)・万葉集と源氏物語など歴史、風土、古典関係
http://www.youtube.com/watch?v=VAnisYZ1nFE
4回目3/28(水)心の鈴をチリンと鳴らすような本づくりをhttp://www.youtube.com/watch?v=cE1sUkJuq7E&feature=youtu.be
お時間がありましたらご視聴いただければ幸いです。
追伸
現在、銀の鈴社の社屋がある場所は、大倉幕府跡地です。
源頼朝、頼家、実朝の3代の幕府跡。
その後は北条氏の幕府となって、移転しています。
大倉幕府周辺遺跡群(ご近所です)から、北条政子邸跡らしき遺跡が発見されました。
下記のサイトでニュースとなっています。
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/03/0318kamakura/

源氏物語や万葉集と鎌倉〇テレビ神奈川3/24放送のこと〇西野真由美

3/21(水)放送された、テレビ神奈川の「イイコト!」中の<にほんごであいらぶゆう>のご紹介です。
下記、ユーチューブでご視聴いただきます。
3回目の今回は、織田百合子著『源氏物語と鎌倉』や、阿見みどりの『万葉野の花水彩画集』など、古典を中心にお話しました。
10分ちょっとです。
お時間がありましたら、ご覧いただければ嬉しいです。
●3回目●3/21放送:源氏物語・万葉集について
http://www.youtube.com/watch?v=VAnisYZ1nFE
●2回目●3/14放送:絵本について
http://www.youtube.com/watch?v=asuKe1XVLEE&feature=youtu.be
●1回目●3/7放送:ポエムについて
http://www.youtube.com/watch?v=3UGDhWKv85o
西野真由美

絵本について3/14テレビ神奈川放映◯西野真由美

今日、テレビ神奈川(TVK地上波3)朝9時からの番組イイコト!
中の10分ほどの「にほんごであいらぶゆう」というコーナーに出演し、絵本についてお話しました。
http://www.youtube.com/watch?v=asuKe1XVLEE&feature=youtu.be
近代絵本のルーツ、ドイツのマザーグースともいわれ、世界数百カ国で翻訳されている絵本『ぼうぼうあたま』について。
忘れられない一冊として必ず挙げてくださる、ファンタジー作家の佐藤さとるさんが、かわいそうなパウリちゃんのお話が強烈過ぎて、中学生になってもマッチが怖かったお話。
銀の鈴サロンのお話会の読み聞かせで、『ぼうぼうあたま』がファーストブックだという絵本作家のせなけいこさんが、語り手の方にハモるようにずっと小声で暗唱していたお話。
それらは時間の都合で、残念ながらカットされておりました。
でも、あんなにきちんとお話できていたのかしら? と錯覚してしまいそうなほど、上手に編集されています。
『もみごめぼうやのだいへんしん』や詩画集『こもりうたのように』。
魔女のエッちゃんが大活躍する魔女シリーズの童話と、それを絵本にした『魔女えほん』など。
早速、テレビをご覧になった方々からの問い合わせもいただいています。
来週の水曜日は、たしか万葉集や源氏物語のこと。
またご案内させていただきます。
西野真由美

なぞなぞポエム◯西野真由美

先週の水曜朝放映のテレビ神奈川で、なぞなぞポエムのお話をしました。
娘時代の私を知っている方には恥ずかしい今の私でしたが、思いついた何人かの方に、YouTubeでご覧いただけることをご案内しました。
http://www.youtube.com/watch?v=3UGDhWKv85oその中のお一人、私の好きな詩人のはたちよしこさんから、愛知教育大学国語国文学研究室発行の佐藤洋一先生の論文「詩の<言語技術教育>論ーはたちよしこの詩の“言語技術”と授業計画モデルー」を、教えていただきました。
http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/handle/10424/799いやぁ、参りました。
こんなふうに、理路整然と論じることができるのですね。
私がアレッて気づいたことが、こんなにきちんと論じられていたなんて、びっくりだし、本当に嬉しかったです。
そして改めて、理詰めに弱すぎる己の情けなさも痛感する羽目に陥るのですが…。
でも、子どもたちがポエムの楽しさ、面白さに気づいてくれればいいんですよね!
ポエムを楽しむ豊かな心が、平和な世界の一歩になると、私たちは信じています。
西野真由美

Back To Top