skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

銀の鈴ギャラリー東日本大震災被災者支援展

4月9日から5月3日までの展示です。(水曜定休)
一年ほど前から準備をし、ようやく刊行した絵本“>『ヤギのいる学校  つながるいのちの輪』
著者の今井明夫先生は、早速、被災者支援活動を始められました。
この絵本の売上の三分の一、1冊につき500円を被災者支援の募金に充てるという活動です。
共鳴した阿見みどりと銀の鈴社も、被災した子ども達へ、今井先生を通して絵本の寄贈することに。
そんな時に、ご近所の酒井太郎医師が、南三陸町へ行かれたことを知りました。
酒井先生の奮闘ぶりが、NHKスペシャル(3/27)や読売新聞紙上(3/26)で報道されたのです。
たまたま酒井先生の診療を受けていた私は、先生から直接お話を伺いました。
避難所には避難していない、できない家庭にいる人々の孤立状況の酷さ、避難所の過酷な現実とともに、たまたま持参した、湘南の伝統工芸、片瀬こまが、避難所の子ども達にとても喜ばれたというお話と、酒井太郎医師の、「帰ってきた僕にできることは、とにかく伝えることだと思う」という言葉に胸をうたれました。
そして、「被災地の新1年生に手作りバッグを!」という支援活動など。
いくつもの心の輪が、いつのまにかつながっていたのです。
『ヤギのいる学校』は、中越地震で、避難所になった小学校で飼われていたヤギが主人公の絵本です。
その刊行がこの大震災と重なったことは、本書に託された使命とも感じています。
当初、本書刊行にあわせて、原画と写真をと予定していた展示は、こうして急遽、被災者支援展となったのです。
会期中は、ギャラリーの売上からご購入金額に応じた金額を、募金箱へ寄付させていただきます。
今回の募金は、酒井太郎医師が診療に駆けつけられた南三陸町へ寄付させていただきます。
今井明夫先生は、近々、子ヤギを連れての被災者訪問をはじめられます。
手作りバッグも、すでに100個以上が集まりました。
近くは藤沢や千葉、遠くは八ヶ岳や京都からも、続々と届いています。
ヤギ飼育で、いのちの重みと温かさを実感した子ども達の笑顔や、片瀬こまで夢中になって遊ぶ避難所の子ども達の笑顔。
見頃を迎えたかまくらの桜を愛でながら、子ども達の笑顔に会いに、ぜひいらしてくださいね。
西野真由美

ジュニアポエム・ライブラリー「声の詩集」

アート&ブックス銀の鈴社は、25周年を迎えました。
記念プレゼントとして、
ジュニアポエム・ライブラリー(復刻版)
「詩人による声の詩集」をもれなくプレゼントします!
2011年第一回は、谷川俊太郎さん、新川和江さん、吉田瑞穂さんの
三人の「声の詩集」です。
谷川俊太郎「地球へのピクニック」より
新川和江「野のまつり」より
吉田瑞穂「しおまねきと少年」より
ご希望の方は、下記をご記入の上、
メール、または、ファックスにてお申し込みください。
件名:声の詩集希望
1 ご住所(〒番号)
2 お名前
3 電話番号
4 メールアドレス
e-mail: info●ginsuzu.com (●を@で入力)
fax:  0467-61-1931
~今後のプレゼント予定~
2012年 第2回配布
与田凖一・阪田寛夫・高田敏子
2013年 第3回配布
小林純一・江間章子・原田直友
下記はサンプルです。第1回プレゼントのCDの中から、
谷川俊太郎さんの朗読で「生きる」
(詩集『地球へのピクニック』谷川俊太郎詩集より)
23 生きる 谷川俊太郎・詩/朗読 by ginsuzu

震災のお見舞い    阿見みどり

あの大震災から 4週間 まだまだ続く余震 救急用のリュックをかたわらに携帯しながら 落ち着かない日が過ぎていきます。
昨日は 被災地の1年生に 手提げ袋セットを作って送りましょう・・・・の声かけに さっそく野の花大好きな山岡さんが サンタさながらに52枚もの すてきな手提げを。
妹は ピアノの発表会で1年に1度の大イベントのなか がむしゃらに仕上げて 数十枚。
八ヶ岳の山本さんからも そのうちに届くとか。
私は 震災のなか産声をあげた絵本「ヤギのいる学校」を すこし落ち着いてきたころ送ることに。主人公のヤギのしろちゃんは 中越沖地震のとき避難所となった学校で 多くのひとの心を癒してくれました。
今 すぐ私に出来ること・・・・・ まわりの人々が、知恵を絞って行動を起こす尊い思いやりが 毎日うまれ 育っていきます。
早く 確実に 被災地に届いて 元気の元になりますように。

ポエムで元気に! 生きていくあなたへ


(写真の右下に出てくる「放射状の4つの矢印」をクリックすると拡大され、全画面で閲覧できます。)
下記、紹介させていただいている書籍の詳細です。
『生きているってふしぎだな』
『あこがれよ なかよくしよう』
『八丈太鼓』
『きばなコスモスの道』
『せかいでいちばん大きなかがみ』
『はんぶんごっこ』
『漢字のかんじ』
『心の窓が目だったら』
『天にまっすぐ』
『子どものための少年詩集2009』
『子どものための少年詩集2010』
『アハハ・ウフフ・オホホ』
『いのちの色』
『かなしいときには』
『げんげと蛙』
『ちょっといいことあったとき』
『どんな音がするでしょか』
『はたけの詩』
『解錠音』
『春はどどど』
『星の美しい村』
『太陽へ』
『地球へのピクニック』
『風がふく日の お星さま』
『夕方のにおい』

被災地の新1年生の子ども達に手作りバッグを!◯

私たちにできることをと、9日からギャラリーで開催する東日本大震災被災者支援展の準備をしています。
いくつかの支援があるのですが「被災地の新1年生に手作りバッグを!」というのもあります。
ご自分のお子さんや、お孫さんへ贈るような気持ちで作っていただけたら、きっと想いが伝わるでしょう。
救済活動中の助産師の方からの依頼です。
詳しくは、下記をご参照ください。
初回締切は、4月9日です。
ギャラリーでの被災者支援展は、初回締切日からなので、その後受付けたバッグは、後便でお送りします。
メッセージなどもいただけたら、きっと喜ばれると思います。
銀の鈴社に集まった手作りバッグ一人分ずつには、新1年生用の応援ポエムと銀の鈴をつけたいとも思っています。
鈴の音色とともに、手作りバッグをお届けしたいと。
ご参加を、お待ちしております。
西野真由美
被災地の新1年生の子ども達に手作りバッグを!
1  手作りバッグは一人分3種類。
    名前用の布もつけていただけると助かります。
通学バック:幅40cm×30cm    持ち手付き  
 ・シューズバック:幅18cm×26cm   持ち手付き
体操着バック[巾着袋] 紐付き: 幅30cm× 27cm         
2 送付先
  銀の鈴社へお送りください。
 〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下3-8-33 電話0467-61-1930
  ギャラリーへのご持参も歓迎です。
    (10:00~17:00 水曜定休)    注:水曜定休   10:00~17:00
3  締切
    初回締切は、4月9日。
     以降は、当面ゴールデンウイークまで受付て、後便などの方法を考えます。
4  支援先 
宮城県助産会支部 [仙台市多賀城の子供へ] 
5  支援ルート
助産師の方とジョイセフの方が協力して、一人一人の手元にお渡し致します。
ジョイセフとは
途上国の妊産婦と女性のための国際協力機関 NPO。
今回は被災地の妊産婦と女性の支援 。
岩手 宮城 福島 茨城 青森 北海道 6道県で地元の助産師と協力しながらカウンセリング等、精神的なケアと物品の支援活動をしています。 

「本のカタログ2011年-2012年」の完成

銀の鈴社の「本のカタログ2011年~2012年」が完成しました。
ホームページのTop一番下にあるアイコンをクリックしていただくと
電子版のカタログをご覧頂けます。
今回のカタログから検索機能を付加しました。
探している書籍や著者を簡単に探せます。
紙媒体のカタログご希望の方は銀の鈴社までご連絡ください。

新シリーズの誕生

  2010年 国民読書年の秋に 
    新シリーズ誕生
 「上質な内容 手軽な予算で」
 経済状況のきびしい昨今の世情に呼応した新シリーズをスタートします。
 自費出版か共同出版かは、編集部内で原稿を拝読し検討します。自費出版の場合は、制作数にあわせた再見積りになります。
 銀の鈴社は詩に特化した実績のある出版社です。
 少年詩の殿堂と評されるジュニアポエムシリーズはこのまま継続します。(2011年に教科書の内容が改訂されますが、おかげさまで今回も多くのジュニアポエムシリーズより多数転載するとのお知らせをいただいております。)
 手軽な予算で作品を出版する新しいシリーズです。
 学校や公共図書館へも新シリーズとして案内して参ります。
お問い合わせは銀の鈴社までお願いします。

夏季休業のお知らせ

弊社では、下記の期間、事務所及びギャラリーを夏季休業とさせていただきます。期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいます様お願い申し上げます。
2010年8月10日(火)~2010年8月15日(日)
上記の期間中メールやFAXは受付可です。
2010年8月16日(月)より平常通り営業いたします。

移転のお知らせ

日頃よりご支援を賜りまして、ありがとうございます。
銀の鈴社は5月2日より、銀座から鎌倉へ移転することとなりました。
かねてからの念願であった、文化の発信拠点としてのギャラリー・文化サロン用のイベントスペースを備えた社屋。
ポエムや絵本、写真や絵画、教育書や研究書、訪れる人の心の鈴をチリンと鳴らすようなスペースを一歩一歩つくりながら、小粒ならではの新しい形の出版社をめざして参ります。 
八幡宮近くの古民家。昭和初期のしっかりした建物で、昔ながらの瓦や高い天井、欄間や床柱に魅せられました。夢の実現にむけての得難い出会いに、思い切っての決断です。
東京駅からは横須賀線で55分。新宿からは、湘南新宿ライナーで57分。鎌倉も便利になりました。散策を兼ねて、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
出版記念展や詩画展など、いろいろと企画していく予定です。
なお、ギャラリーでの個展、グループ展、文化サロンでの同人誌合評会、記念会、研究会など、ギャラリー・イベントスペースのご利用については、小社までお問い合わせください。
末筆ながら、今後ともかわらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申しあげます。
5月2日より連絡先は下記のようになります。
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下3-8-33 TEL:0467-61-1930 FAX:0467-61-1931
鎌倉駅より徒歩15分、鶴岡八幡宮より徒歩3分 「県道金沢・鎌倉線沿い」

Back To Top