skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

万葉野の花庵 いっせいに春が膨らんで

春蘭、ちごゆり、梅鉢草、ニリンソウ、すみれ、えびね、、、山野草のコーナーは地味ながら、見れどあかぬかも 味わい深い。

裏庭は私流の切り花用花壇。

矢車草、ネモフィラ、パンジー、チューリップ、アネモネ、シラーなど野放しスタイルで咲いています。

芽吹きの春は命の輝きを放って、地上のすべてに元気を振り撒いてくれます。青葉若葉も透明にキラキラ輝いて風に揺れてます。

日は朝(あした)
朝(あした)は七時
片岡に露みちて
揚雲雀(あげひばり)なのりいで
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ
神、そらに知ろしめす
すべて世は事も無し

ブラウニング 上田敏訳 春の朝

思わず口ずさむリズムです。

絵巻万葉ものがたりの詞書案

絵巻万葉ものがたりの詞書

遣唐使からもたらされた漢字文化をいち早く天皇から庶民に至るまで、音訓読みを交えて日常生活の中に吸収していった万葉びとの叡智。大和魂を言葉の根っこに打ち込みながら、流れるような美しいリズムさえ生み出しています。
古今東西変わらない人の営みのなかで、脈々とその心は引き継がれて文学として、科学として、薬学、建築学、染色、、、とそれぞれの文化のルーツを知る原点となって「万葉集」は今に至っています。
天皇、公家、武士、庶民の飾らぬ気持ちが31文字に織り込まれているのです。
その歌のひとつひとつ、噛み締めるほどに万葉時代の空気が蘇って、親しみさえ感じます。
100首をテーマ別に選び並べることで万葉集の世界を散策しやすくすると、自ずから当時の人々の脈動がものがたりになりました。

この写真は、10年ほど経ちましょうか、浜北市万葉の森公園で浜北市主催での原画展の折、ちょうど万葉祭りと重なったときの孫の大介と舞です。

新刊『ようたとからあげくん』

『ようたとからあげくん』

発行日:2022年4月27日

著者:松崎泰子
画家:有賀 忍
出版社:銀の鈴社
判型: 四六
ページ数:40
ISBN:978-4-86618-130-1 C8793

子どもたちに大人気のからあげなのに、ようたはどうして残しちゃうんだろう?

栄養たっぷりの美味しいものを、しっかりよく噛んで食べ、すくすくと育ってほしい。

食べることは、命をいただくこと。

いただいた命の分も健やかにという願いを込めて届けます。

タンポポ、スミレ咲く斜面に花吹雪。

裏山の風景は春の宴会さながら、蝶と花吹雪が盛り上げて。ついこの間一面の蕗のとう摘みを楽しんで、季節は駆け足。万葉野の花庵は今朝山芍薬が開きました。ニリンソウの群れ、カタクリ、梅鉢草、春蘭、たちつぼすみれ、桜草、はねず、バイモ。玄関の石崖の芝桜と鉄線、雪柳。待ちに待った春です。

Back To Top