skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

4年ぶりの原画展 遠路ありがとうございます。

1日から6日まで「絵巻万葉ものがたりと2024野の花カレンダー原画展」

今日で会期の半分が過ぎました。

初日から多くの方がたで賑わい、絵を見ながらの会話も弾みます。

読売新聞横浜支社の記者さんの取材では、妙本寺境内の万葉集顕彰碑の前での撮影も。

2日めは朝から監修の村瀬先生ご一家が和歌山からこの日のために。重なるように大型観光バス到着。つくばの商工会女子部の方々で花咲く会場は歩くのもたいへんな混雑ぶりでした。

3日めの昨日は毎日新聞の取材中に、中村学園の元理事長先生が鉢合わせ。60年の毎日ファンで新聞論議に花が咲きました。

尊敬してやまない源氏物語の大家中野幸一先生、今年からはじめた短歌の、心の花鎌倉支部のリーダー後藤秀彦先生、、、つくづくありがたいライフワーク総仕上げのお披露目会になりました。

新製品増補版の野の花アートカタログができました

信頼するデザイナーによる行き届いたカタログが出来上がりました。

秋の妙本寺展のお知らせをのせて野の花のみなさまへそろそろ届く頃です。

昨日はわざわざ電車に乗って、「コロナで途絶えている阿見さんの原画展、今年はどうなの?」と様子伺いのお客様,。

秋のご夫妻の鎌倉散策予定をたてたいからと。お電話の問い合わせも来はじめて、恒例だった原画展をあらためて実感しています。

暑い夏をなんとか乗り越えて、母の逝った歳になり、久々にお披露目できる幸せを思います。

新製品も多く揃えることがかないました。

「絵巻万葉ものがたり」、万葉集を軸に、和紙、筆文字など日本の文化を大切に伝える空間を楽しんでいただけるとうれしいです。

9月下旬というのにこの暑さ35度超え

地球はどうなってるの?

クーラーに助けられてやっとこの蒸し暑さを生き延びている感じの私。

外で箒の音。??? ドアを開けてみると落ち葉掃きに余念のない老齢のSさん!

思わず頭を下げてつぶやく。ありがとうございます。

週2回の庭掃除係を几帳面にこなしてくださる。自分の健康のためだからと、募集にいちばんに駆けつけて、雨の日以外はきちんとていねいな仕事ぶりです。

こんな暑い日は、訪れる人も少ないから玄関周りだけで、早く終わってください。と声かけしても気がすまないようです。どうか熱中症などで健康維持が本末転倒になりませんように。

Back To Top