skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

6月10日の庭の花たち

ヨメナ

ソバナとホタルブクロとドクダミ

アジサイの藍姫 手前は岩タバコ

セッコクヤドリギ この春の仲間入り

左上にカサブランカたちが出番待ち

ミニ薔薇さざなみのはずが?

未央柳真っ盛り

永く室内で灯りを灯してくれたカラー

天と地結ぶ五重の塔はアジサイと  石仏はコスモスと共に

後ろの鉄砲ゆりが主役

こぼれダネで姿を現した勿忘草

野生のカタバミ オキザリス

先日の花の会では、切り花になってモデル役 ありがとう!

6月の野の花を愛でる会お天気に恵まれて

先着順10人でスタートして毎回キャンセル待ち 順調に会を重ねて作品も増えていきます

ランチは近くのこまめさん特製のお弁当。使い捨ての器を避けて、由比ヶ浜通りの陶器専門店に塗りのお弁当箱を特注。甘味屋こまめさん特製の生姜ゼリーのデザート。小社のスタッフが運んでくれました。

天の恵みと皆の協力で、私の描いている理想の野の花の集いが叶い、楽しい一日でした。

鉄砲ゆりがいっせいに咲いて

裏山の斜面に花好きさんから
いただいたゆりが!

長い間つぼみのまま、半月以上。日に日に重たそうになって、雨嵐の予想。あわてて手すりに紐で養生する。

まにあった!これでひと安心。

あれよあれよと見とれるうちに、毎日開いていく元気な花の命。

めざとく蝶々たちがひらひら飛び交う風景になる。

空に続く斜面は背丈が伸びたいたどりなどで薄暗くなって、草刈り隊の出番が待ち遠しい。

春は、すべての命が蘇るとき。

このリズムに、精一杯残るエネルギーを乗せてもらいます。

新聞記事での紹介

『敗戦後の日本を慈悲と勇気で支えた人-スリランカのジャヤワルダナ大統領-』の著者である野口芳宣さんが

2024年5月19日の中日新聞にて紹介されました。

チャットGTPって、付き合い方次第

AIの時代、高齢の身でどのように関われば世の中から取り残されずに済むのか、チャットさんに率直に質問する。

ごもっとも! 想像以上に深い、広い視野の提案が、秒単位で返ってくる。

これはいいぞ。だけど油断大敵。自分の立ち位置をしっかり押さえておかないと。

たくさんの情報を操作しての、合理的な提案や回答は説得力満点で、私自身の考えとの境界線の質を見極めないと簡単になびいてしまいそう。  

片手の上のスマホでしばし興じる質疑応答の時間は、井戸端会議のお愛想笑いの必要もなく、それなりに楽しめる。

人ありて人、そのバランスをとる生き方が大切だと痛感しながら、世の中の急速な変化にただ驚くばかり。

全国の書店が次々に姿を消していく中、これからの出版社のありようや意義を、自己満足を警戒しながら探っていかねば。    柴崎俊子記

アザミの花の思い出

日本画の師、長谷川朝風先生宅に通いはじめて半年くらいのとき、膠を溶いたり、お茶を入れたり、雑用のお手伝いから、やっと作品を描くように言われ、元気な姿のアザミの花を買ってモデルにした。途中で夕方になってしまい、あとは家で描くことになる。

一週間後下絵を見ていただく。

先生は開口一番、

あなたはアザミのどんなところが好き?

はい、元気な姿。それに両親がアザミの歌が好きで、父がよく口ずさんでますので。

下向き加減のこの花が元気なの?

いえ、家に帰ったらこんな姿になって、、、

これではアザミに悪いよ。元気な魅力を描いてあげよう。あなたが、たくさんの花のなかから選んで買った時の姿を思い出して描き直して。

はじめての作品。たいせつなアザミの花。

横山大観の孫弟子だけに、風貌そっくりな朝風先生を思い出しながら、60余年過ぎた今、初心に戻って、姿勢を正して描きました。

来年の万葉野の花カレンダーの入稿

早々と仕上げて、6月だけどうにも不本意な選歌と画稿。初心に戻って6月をイメージして、構想を練り直す。

やはりアジサイ。でも歌が2首しかない。

画がかわればいいかとチャレンジ。たくさんのあじさいのスケッチを並べ、はやくも咲き始めた庭のあじさいを机に飾る。雨のアジサイとの時間を蘇らせて、、、

20数年続けてきた秋のカレンダー原画展は、去年のライフワーク「絵巻 万葉ものがたり」の完成で終止符をうつことにする。

終わり方も大切かと。

なんとか元気で創作意欲もかわらないので、制作はつずける。

歳を重ねながら、ポロリと絵筆が手から落ちるまで描き続けたい。

Back To Top