skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

アザミの花の思い出

日本画の師、長谷川朝風先生宅に通いはじめて半年くらいのとき、膠を溶いたり、お茶を入れたり、雑用のお手伝いから、やっと作品を描くように言われ、元気な姿のアザミの花を買ってモデルにした。途中で夕方になってしまい、あとは家で描くことになる。

一週間後下絵を見ていただく。

先生は開口一番、

あなたはアザミのどんなところが好き?

はい、元気な姿。それに両親がアザミの歌が好きで、父がよく口ずさんでますので。

下向き加減のこの花が元気なの?

いえ、家に帰ったらこんな姿になって、、、

これではアザミに悪いよ。元気な魅力を描いてあげよう。あなたが、たくさんの花のなかから選んで買った時の姿を思い出して描き直して。

はじめての作品。たいせつなアザミの花。

横山大観の孫弟子だけに、風貌そっくりな朝風先生を思い出しながら、60余年過ぎた今、初心に戻って、姿勢を正して描きました。

来年の万葉野の花カレンダーの入稿

早々と仕上げて、6月だけどうにも不本意な選歌と画稿。初心に戻って6月をイメージして、構想を練り直す。

やはりアジサイ。でも歌が2首しかない。

画がかわればいいかとチャレンジ。たくさんのあじさいのスケッチを並べ、はやくも咲き始めた庭のあじさいを机に飾る。雨のアジサイとの時間を蘇らせて、、、

20数年続けてきた秋のカレンダー原画展は、去年のライフワーク「絵巻 万葉ものがたり」の完成で終止符をうつことにする。

終わり方も大切かと。

なんとか元気で創作意欲もかわらないので、制作はつずける。

歳を重ねながら、ポロリと絵筆が手から落ちるまで描き続けたい。

令和6年度(2024年度)改訂 小学校 国語の教科書採用書籍

令和6年度(2024年度)改訂 小学校 国語の教科書採用書籍として弊社からは12冊が活用されています。

書名 著者 出版社 学年
うみがわらっている 内田麟太郎 光村図書 3年下
おとのかだん のろさかん 東京書籍 4年上
風のゆうびんやさん むらかみみちこ 東京書籍 2年上
げんげと蛙 草野心平 光村図書 4年上
げんげと蛙 草野心平 光村図書 6年
詩が生まれるとき 書けるとき 白谷明美 教育出版 3年下
たぬきのたまご 内田麟太郎 光村図書 4年上
たんぽぽ ぽぽぽ 内田麟太郎 光村図書 4年上
地球は家族 ひとつだよ 冨岡みち 光村図書 4年上
天のたて琴 のろさかん 光村図書 4年下
なまこのぽんぽん 内田麟太郎 光村図書 4年上
まぜごはん 内田麟太郎 光村図書 3年上
夕方のにおい 阪田寛夫 光村図書 4年上
夕方のにおい 阪田寛夫 光村図書 6年

伊達の殿さまから庭の花が届きました

「語り継がれる明治天皇の東北・北海道ご巡行」を上梓された著者、登米城のお殿から、思いがけない草花の贈り物が!

さっそく万葉野の花庵に仲間入り

スペースを探しながら、お花屋さんがていねいに植え込んで、まず

イワヒバ クリンソウ 手前右にヒメシャガ

あら

すみません手元がぶれて、、、

ケセランパサランは石仏の上に

仙台萩 黄菖蒲 撫子 口紅水仙 レースフラワー イワヤツデ シャガ ショウジョウバカマ なつすいせん イカリソウ シラン チョウジソウ ヒガンバナ 

根付いた頃、写真報告します。

ありがとうございました♪♪♪

かまくら学府 久能靖さんの皇室よもやま話

5月10日 10時〜12時 銀の鈴サロン

さすがベテランの皇室ジャーナリスト。手ばやく時間内に解説されて、そのあとは参加者の質疑応答。

ふだんあいまいに感じている皇室の実状について、資料をそえての説明はとてもわかりやすく、日本人としてもっと関心を寄せるべきと感じました。

特に、男系男子の皇室継承の現行法律では皇室も若者不足が深刻で、公務のご負担もたいへんと。

つぎは鎌倉と皇室について

第二金曜日。申し込み受付中。

第二回野の花を愛でる会 お天気に恵まれて

近くの竹村造園さんが朝6時から裏山の竹を切って 玄関先に白い石楠花を活けてくださいました

そして 大手毬もひと抱え愛おしむように手水鉢に浮かべて

竹村さんの竹の吊るし花瓶には大露草正面は黒蝋梅とモミジ思いがけない花のパレードが演出されました

テーブルの上は庭の花たち 今日のメインは紫と白の立浪草。
エビネ、ナルコユリ、大麦撫子、フランネルフラワー、

裏山のスカンポと野蒜の蕾も風情があります。

先着10人はすぐキャンセル待ちになり、今回は5人が入れ替わりました。東京、横浜、川崎、横須賀からの人も集い、なんと黒一点の短歌の師もご参加。昔乙女たちの中に妙に馴染んで和やかな空気に包まれました。誰ともなく花談義は弾み、せっせと無我の境で絵筆を運ぶ人も、野の花の微笑みに身も心も委ねて楽しい柔らかな時間でした。

花の会応援団の竹村さんありがとうございます😭

5月の花の代表は藤、カキツバタ 万葉野の花庵のカキツバタも顔を出しました

初咲きのカキツバタ
左上はえびね 上は大手毬
左下は花が終わったイカリソウ

崖の白い花は
とってもかわいい丸葉うつぎ

春の庭は運動会のように目まぐるしくかわります。

6日はバーベキュー。狭い裏庭でどうなることやら。

Back To Top