skip to Main Content

銀の鈴社は、〈花や動物、子供たちがすくすく育つこと〉を願って活動しています

『新渡戸稲造ものがたり』◯西野真由美

今年は、新渡戸稲造の生誕150年です。
8月31日に稲造生誕の地、盛岡で記念式典が行われました。
そして銀の鈴社では、ジュニアノンフィクションシリーズ『新渡戸稲造ものがたり』を刊行しました。
新渡戸稲造は、以前の5000円札の肖像となった人。
樋口一葉の前ですから、今の子どもたちには馴染みがないかもしれません。
新渡戸稲造は、今のユネスコや国連の礎を築いた重要な人物で、英語で執筆した『武士道』で、日本人の道徳心を広く世界に知らしめました。
われ太平洋の橋とならん、という志のもと、まさに真の国際人として、世界の平和に貢献した新渡戸稲造。
日本最初の農学博士として、農業、そして教育にと奔走し、尽力した新渡戸稲造。
アメリカ留学中に出会い、結婚した妻メアリーもまた、稲造を助け、日本での動物愛護運動の先駆者としても活躍しました。
竹島や尖閣諸島など、領土問題に揺れる今、新渡戸稲造の足跡を辿ることで、平和への一筋の道が見えてくるように思います。
東日本大震災後、被災者である日本人の節度ある行動に、世界中から賞賛の声が集まりました。
留学中に、日本ではどのような道徳教育がなされているのか? と聞かれ、その答えを模索しているうちに武士道を記した新渡戸稲造。
日本人の道徳心は、幼い頃から家庭や社会で培われてきた武士道が根幹にあったのです。
道徳の荒廃、マナーの欠落が叫ばれて久しい昨今ですが、あの悲惨な大震災後の状況下で節度ある行動をなさった多くの方々は、稲造が誇りとした日本人の道徳心が消えていないことを証明してくださいました。
幼児教育に英語が必須となりつつある今こそ、真の国際人としての先達、新渡戸稲造を学ぶことは、小手先の教育に心棒を通すことになるのではないでしょうか。
著者の柴崎由紀さんは、本書が処女作。
膨大な資料を読み解き、稲造の足跡を丹念に辿り、ジュネーブにまで足を運びました。
銀の鈴ギャラリーでは、ただいま取材報告展「近代日本に影響を及ぼした人々」を開催中です。(~9月25日 水曜定休)
先日も、新渡戸稲造のお身内の方がお見えになり、とても喜んでくださいました。
下記のブログも、ぜひお楽しみください。
新渡戸稲造博士の足跡を訪ねて
http://inazo-nitobe.blogspot.jp/
西野真由美

江口正子詩集『勇気の子』○西野真由美ブログ

江口正子詩集『勇気の子』(日向山寿十郎/絵 ジュニアポエム双書221)のご紹介です。
『水の勇気』(高見八重子/絵 ジュニアポエム双書205)
『小さな勇気』(高見八重子/絵 ジュニアポエム双書217)につづく、勇気三部作!
全2作のやわらかな高見八重子さんの絵とはガラッとかわって、
日向山さんのちょっとレトロでお洒落な画風。
表題作の「勇気の子」をはじめ、「冷やすな」、「みざる いわざる きかざるの後悔」、など、
イジメ問題と正面から向き合う詩篇など、社会派作品から家族や心を詠う珠玉の詩篇まで35編を収載。
江口さん特有のエスプリのピリリと効いた作品や、日常をハッとする場面で切り取った作品など。
その日の気分で開いたページ。
そんな読み方でも面白く味わえる詩集です。
ひとつ、ご紹介しましょう。 西野真由美
母の灯(あか)り      江口正子
母のいる
その場所は
いつも
いつも
ほんのりと
温かさが 灯(とも)る

『15歳の自由帳 光への階段 PTSDの彼方へ』○西野真由美ブログ

『15歳の自由帳 光への階段 PTSDの彼方へ 歩ける日を夢見て』は、宮下自由くんの韻文(詩、短歌、俳句、狂歌、川柳)と、感想文や作文を収載した、自由帳のような作品集です。
自由くんは、ある日突然、歩くことができなくなりました。
試練の時を経て、今再び歩くことができるようになった自由くんの、本書は、その試練の記録でもあります。
障害のぼくに肩貸す友達にありがとう言えばオスと答える 宮下自由
これは、第16回与謝野晶子短歌文学賞 青春の歌に応募し、約2万首の中から最高賞の文部科学大臣賞を受賞した作品です。
「あとがきに代えて」の中から、お父様の宮下洋二さんの言葉の一部を抜粋します。
PTSD特有の症状なのでしょうか、彼は沈鬱な表情で人に会うのがいやだ、病気が少しも良くならないので悲しい、苦しい、死んでしまいたいと言うのでした。
私が「死ぬのはちょっと待て、おまえが死ぬときには淋しくないように、お父さんも一緒に死んでやるから、神様を信じてもう少し頑張ってみよう」と言うと、彼は「ぼくは神様なんて信じないけど、お父さんは信じる」と言って、私に抱きつき泣くのでした。
自由くんの作品をもうひとつ、ご紹介しましょう。
障害のぼくに友の手ハイタッチ次々受けて父と通学 宮下自由
家族と友達、学校の先生方に見守られて、それでも苦しみもがく自由くんの心の軌跡は、PTSDと闘っている人々はもちろん、思春期の急激に成長する心身のアンバランスを抱える子どもたち、そして疲れ切った大人へも「光への階段」へ導く一冊といえましょう。
追記
宮下自由くんは、宮下木花ちゃんの弟です。
木花ちゃんの創作童話の短編集、『ひとしずくのなみだ』は11歳の作品集。
『いちばん大切な願いごと』は、12歳の作品集です。
阿川弘之さん、秋山ちえ子さん、永六輔さん、城山三郎さん、志茂田景樹さん、立松和平さんなど、多くの方々に賛辞をいただき、群馬県文学賞を最年少で受賞しました。
ことに、処女作所収の「ノロボトケ」などは、思い出しても鼻の奥がツーンとなります。
お近くの図書館へリクエストして、ぜひ読んでみてください。
西野真由美

奥むめおものがたり 女性解放への厳しい道を歩んだ人◯西野真由美

『奥むめおものがたり  女性解放への厳しい道を歩んだ人』ができました。
主婦連(主婦連合会)をつくった奥むめおは、平塚らいてう、市川房枝らとともに、近代日本の女性史に欠かせない方です。
読経が流れる機織りの町、雪深い福井に生まれ育った奥むめお。
やがて機織り女工の過酷すぎる生活を体験し、労働問題に目覚めていきます。
赤ちゃんを背負いながら、女性解放への道を歩み始め、セツルメントという地域に根ざした社会事業や機関誌発行に 奔走する戦前。
主婦連合会をつくり、 参議院議員になって、女性解放のための法案可決に邁進し、おしゃもじをシンボルに活躍した戦後。
少し前なのに現代とはずいぶん異なる様子は、着物姿での演説姿などの写真たちが伝えてくれます。
著者の古川奈美子さんは、奥むめおの参議院議員時代の秘書でした。
古川さんは昨年の大震災後、「こうしてはいられない、私にはどうしてもしなければならない仕事がある」と奮い立ちます。
いつかは奥むめお先生を書かなければという長年の思いを抱えながら、家族の介護に追われる日々だった古川さん。
古川さんの誕生日は3月10日。3月11日、東日本大震災の惨劇を目の当たりにして、宿題の「奥むめおものがたり」を書かなければと、翌3月12日から始まった執筆は、夜が更けてから。
ご主人の介護の日々での執筆を支えたのは、敬愛する奥むめお先生を伝えのこしたいという強い想い。
奥むめおのご遺族や主婦会館のみなさまなど、多くの関係者のあたたかなご協力もまた、刊行を促してくれました。
長年抱えてきた敬愛の念が、一気に噴き出るように書かせた『奥むめおものがたり』。
近代日本の女性史そのもののような奥むめおの生涯を辿りながら、心に期して生きることの気高さ、強さ、今にいたるその恩恵にも思い至る一冊といえましょう。
西野真由美

『小学校作文の鑑賞』○西野真由美

『小学校作文の鑑賞 -文集が誘う個性と文種-』白石壽文・権藤順子/編著のご紹介です。
夏休み。
いつもとは違う様々な経験をし、成長する夏。
夏休みの経験を文章で表現し、文集にまとめて鑑賞し合う。
ひとまわり大きくなった子どもたちとの2学期に向けての一冊です。
本書は、小学校の教育現場で、日々子どもたちと向き合いながらの文集活動の実践提案。
気軽に発行し、伸びやかに鑑賞し合う、手作りの、表現の遊び場としての「文集」。
編者、白石壽文先生のお言葉です。
児童によっては、物語は得意だけど説明文は苦手、短い文章はいいけど長文は苦手など、実態や意欲が異なります。
自分が表現したいものは、どの文種がふさわしいのか、目的や相手に応じて自在に選ぶためには、幼い頃から様々な文種に出会わせることが大切。
その出会いの場を、いかに設定するのか。
先生方の個性と児童の実態に合わせた文集と文種の組み合わせ。
30名の執筆者による色とりどりの指導記録が、新たな気づきへと導いてくれるでしょう。
西野真由美

『あすかちゃんのビーチボール』○西野真由美

『あすかちゃんのビーチボール』のご紹介です。
ゆうびんうけにはいっていた、あすかちゃんのビーチボール。
名前はリナちゃん。
風にのってとんでいったリナちゃんが、あすかちゃんの家のゆうびんうけへ帰ってくるまでの、ふしぎで楽しいお話です。
子どもが大事にしているお気にいり。
ぬいぐるみだったり、ミニカーだったり。
そんなお気に入りのビーチボールに名前をつけていたあすかちゃん。
ミルンの「くまのプーさん」のように、幼い子どもにとっては、そんなお気に入りとの毎日は、とっても大切なものです。
リナちゃんの冒険のように、我が子のお気にいりを主人公にして短いお話ができたら、また素敵ですね。
作者のだんちあんさんは、今後とも「小さき者への賛歌」として作品を追求していきたいという元小学校教諭。
たくさんの制約の中で、日々子どもと寄り添う教育現場の先生方。
熱気ムンムンのお話には、子どもたちへのあたたかな眼差しがあります。
絵は、太田一希さん。
ちょうどご結婚もされて、おめでたい記念の1冊となりました。
鈴の音童話・小学校低学年以上対象です。
西野真由美

『魅せられて -太陽の国から心の里へ-』布ぞうがん・感じる絵本○西野真由美

表装の技法をいかした「布ぞうがん」の作品集。
早水瑞枝さんの『魅せられて -太陽の国から心の里へ-』は、画集のような<感じる絵本>。
豊かな心は、命の厚みになります。
豊かな心は、細やかな森羅万象に呼応する感性そのもの。
豊かな人生、幸せな人生、やさしい心、思いやりのある心。
子どもから大人までの感性をみがく、<感じる絵本>の誕生です。
インドの仕立屋さんからの端切れやネクタイ、時にはご主人の着物の端切れまで。
たくさんの布たちの声に耳を澄ませて、細やかに刃先を操りながら生まれてきた作品たち。
作者の早水瑞枝さんのご主人は、鎌倉の妙本寺さんの貫首さま。
ご主人の着物の端切れは、意識したわけではなかったのに、気づけば仏塔になっていたそうです。
表装(表具)は、布や紙を貼って、巻物、掛物、書画帖、屏風、襖(ふすま)などに作り上げることです。
布ぞうがんは、布を素材に表現する新しい布絵(装芸画)です。
布には、それぞれの国の歴史や文化が染みこんでいて、小さなはぎれ一枚の向こうには、果てしない時間の宇宙がひろがっています。
布そのものの魅力、やさしさ、あたたかさ、力強さ、繊細さ、そして自然の恵みをいただいて、糸を紡ぐ人、織る人、染める人たちの想いがつまっています。
素材だけでなく、古来から地道な職人たちの、手塩にかけた表装という技法は、極めれば極めるほど奥深い、魂の結晶です。
銀の鈴社ギャラリーでは、この冬、11月30日(金)~12月9日(日)まで、本書の刊行記念展を開催します。
本展は、湘南邸園文化祭参加イベントでもあります。
絵本で感じたら、どうぞ銀の鈴ギャラリーで、現物の作品世界を堪能してください。
西野真由美
<ご案内>
早水瑞枝 布ぞうがん作品展
『魅せられて』
場所:銀の鈴ギャラリー 入場無料
会期:2012年11月30日(金)~12月9日(日)
時間:10:00~17:00 水曜定休

掌の本アンソロジー◯西野真由美

文庫本半分の、手のひらサイズのお洒落な詩集ができました。
テーマ別の詩を公募したアンソロジー。
第1回のテーマは4つ。
ありがとうの詩1
いのちの詩1
こころの詩1
しぜんの詩1
見開きで1篇の詩篇は、子どもから大人までを対象にしたフリガナつき。
銀の鈴ギャラリーでは、ただいま「掌の本 刊行記念展」を開催中です。
一昨日のことです。
自転車を停めて、しばらく窓越しにギャラリーを凝視してからご来場になった女性がありました。
展示されている詩篇や本をゆっくりご覧になり、『ありがとうの詩1』2冊と『渋沢栄一のこころざし』をお求めくださいました。
その方はなんと、渋沢栄一さんの玄孫(やしゃご、ひ孫の子ども)だそう。
90を越えたひ孫のお母様をこの一月に見送られたそうで、掲示している『ありがとうの詩1』収載作品(三好清子「ことばは魔法」)に釘付けになって、と。
クリスチャンだったお母様は、ご葬儀でのメッセージにも「ありがとう」を選ばれ、よく「ありがとう」を口にされたそうです。
最期の数年は寝たきりで、
「退屈じゃない?」と聞いたら、
「退屈であるはずがないでしょう。
だって私、考えることができるんですもの」
と即答されたと。
渋沢家伝来の伸びやかな教育方針のもとで、豊かな子ども時代を過ごされたお母様は、よく子どもの頃を思い出されては楽しんでおられたそうです。
豊かな子ども時代の大切さを語り合いながら、ご両親の介護に東京から何年も毎日のように鎌倉へ通ったというその方は、でも、とても楽しい毎日でした、と。
後光がさしているかのようなその方の柔らかな微笑みに包まれて、幸せのお裾分けに涙ぐみながらお見送りをしている私でした。
<追記>
掌の本アンソロジーの、第2回募集要項ができました。
ご希望の方は、銀の鈴社までご連絡くださいませ。
投稿規約などを郵送させていただきます。
西野真由美

念願の復刊『100人で鑑賞する百人一首』◯西野真由美

四十年ほど前に刊行された名著『100人で鑑賞する百人一首』を、この春復刊しました。
学者や評論家、歌人など、当時の第一人者100名が、一人一首を鑑賞した本書は、当時大妻女子大学教授だった、和歌を主とする中古文学研究で著名な武田元治先生の語釈を得ての話題の書でした。
この春改定された各社の中学の教科書に採用され、残り少ない在庫を前に、思い切って重版をと、武田元治先生にご相談したのでした。
元治先生はとても喜んでくださり、重版ではなく、復刊となさった方がよろしいでしょうとご教示くださいました。
現在の百人一首研究の第一人者、吉海直人先生にお言葉を賜り、できたての本書を元治先生にお届けしたのが三月。
翌月にあちらの世界へ旅立たれた元治先生に見届けていただけたことは、今でも私の救いです。
同志社女子大学教授の吉海先生は、本書を手にしたのは
二十歳だったと述懐されておられます。
我が家での百人一首は、お正月の遊びでした。
万葉集と百人一首が大好きな祖父が、いつも読み手です。
旧仮名遣いや聞き慣れない言葉も、お正月のカルタ遊びはそんなもの、と自然に馴染んでいたように思います。
(残念ながら、あらかた忘れてしまいましたが)
百人一首の札を囲んで楽しそうだったのでしょう、愛犬ラッキーがヤキモチを妬いて、札の上に腹ばいになり、笑いとともにお開きになったこともありました。
祖父だけは最後まで読みたかったようで、少々憮然としていたのも、懐かしい思い出です。
カルタ遊びでも坊主めくりでも、百人一首をご家庭で楽しめるといいなぁと思います。
そして、どんな和歌なのだろうと話題になったとき、本書はバイブルのように、きっとお役に立つことでしょう。
西野真由美

『孔雀のブローチの秘密』◯西野真由美

渡邊るり子さんの三冊目、『孔雀のブローチの秘密』のご紹介です。
『友ちゃんと砂糖、そして…』『すずめの木笛』
前二作品同様、北九州郊外を舞台に、子どもの視点から捉えた終戦前後を描きます。
お父さんのお姉さん、満州おばちゃん。
離れで臥せっている大好きな満州おばちゃんの秘密。
教科書にない満州という国を調べるうちに、戦争を、引き揚げという意味を知っていくよし子。
新盆を迎える家の前で、供養に踊る盆踊り。
盆踊りは、夜まで友だちと踊り遊べる絶好のイベントです。
今年は新盆の家がいくつもあるからたくさん踊れる、と喜ぶよし子を、そんなに喜んではいけないと、静かにたしなめる満州おばちゃん。
おばちゃんが亡くなって新盆を迎える時に、かつての自分のように浮き浮きと喜んでいる友だちを前に、怒りを爆発させるよし子。
戦争を、その悲惨さを、そして命あること、死ぬということを、よし子の視点で、丁寧に想いを込めて描かれた作品です。
作者の渡邊るり子さんは、二作目の『すずめの木笛』を病院のベッドで校正なさいました。
この『孔雀のブローチの秘密』は、渡邊るり子さんがもっとも大切にしていた作品でした。
彼女の一周忌を前に、こうして上梓できましたこと、ご遺族とともにほっとしております。
渡邊るり子さん、貴女はこの三作で、子どもの視点から終戦前後を描くことで、平和への真の祈りを、今の子どもたちに伝え遺すことができたのですね。
私たちは、貴女から受け取ったバトンを大切に、次の世代の子どもたちへ渡していきます。
どうぞ安らかに、いつもの笑顔で、見守ってくださいませ。
合掌。
西野真由美

Back To Top